私たちに今できることは何か?

コロナウイルスで、世の中が混乱している中で、「何かtoiee Labが、世の中に貢献できることはないか?」とチーム内で話し合ったところ、このZoomコースを作成するアイデアが生まれました。

Zoomを使えば、コロナで閉鎖された「人、コミュニティ、チーム」が、安全にネット上で繋がることができます。

ネット上で、繋がることができれば、

  • コロナで在宅勤務が求められる中でも、問題なくチームメンバーと働くことができる
  • 遠方の方へも、あなたのサービスを提供できる
  • 今まで通勤に使っていた時間やコストを削減できる(その時間を、他のことへあてられる)
  • これまで働けなかった人とも、働くことができる


とメリットがたくさんあります。


顧客満足度アップだけでなく、新規客獲得も◎

知り合いのインストラクターAさんは、コロナの影響で、生徒さんへ対面レッスンができなくなりました。

長期間授業を提供できないことで、生徒さんが離れるのではないかと不安を感じたAさんは、急遽、Zoomを使ってオンライン授業を開始しました。

その結果、懸念していた生徒の離れは起こらなかったそうです。

それどころか、「良い気分転換になった」「オンラインレッスンは、家で受講できるので、移動時間が掛からず嬉しい」と、既存の生徒さんのに喜んでもらえたそうです。

セキュリティ対策について

巷では、「Zoomはセキュリティーに問題がある」と騒がれています。

ですが、正しい知識、仕組み、対策が分かれば、安全に使っていただけます。(難しいものではありません)

Zoomのセキュリティ対策については、基礎篇でお伝えしていますので、そちらをご覧ください。


このコースで学べるもの

  • ホスト(主催者側)画面の機能と使い方

  • オンライン授業の開催方法

  • オンライン授業に便利な機能と使い方

  • オンライン会議の進行方法

  • 合わせて使うと便利な外部サービス

  • Zoomの活用事例

こんな人にオススメ

  • Zoomの導入を検討中の企業さま

  • オンライン授業の開催を検討中の講師の方

  • オンライン会議のホストを務める方

  • Zoomのセキュリティーが心配な方

コース内容

  1. 1
  2. 2
  3. 3
    • 1. はじめに

    • 2. 安全に使うためのチェックポイント

    • 3. ユーザーの体験を理解する

    • 4. BGMを流すための設定

    • 5. ビデオを流してワークショップする場合

    • 6. ホワイトボードを使うポイント

    • 7. iPhone-iPadを接続する

    • 8. リモート制御

    • 9. デュアルモニターを使う方法

    • 10. まとめ・振り返り

  4. 4
    • 1. 参加者としての体験

    • 2. サインイン後の体験

    • 3. iPadOS(タブレット)でミーティングをホストする

    • 4. まとめ

  5. 5
    • 1. はじめに

    • 2. 通信、上り、下り

    • 3. 通信速度を測る方法

    • 4. 通信速度を改善する方法

    • 5. Pocket Wifiについて

    • 6. まとめ

    • 7. 振り返りをしよう

  6. 6
    • 1. ここで学ぶもの

    • 2. 初zoomの人に対して

    • 3. 操作スピードを上げる

    • 4. 物理的な道具を使う

    • 5. 分単位でスケジュールを組み、反省する

    • 6. zoom映えのコツ

    • 7. ワークショップでの工夫

    • 8. カレンダーアプリと使う

    • 9. まとめ・復習をスケジュールする

    • 資料ダウンロード

  7. 7
    • 1. はじめに

    • 2. チェックインの方法

    • 3. チェックアウト

    • 4. 操作に関するコツ

    • 5. 中断を活用する

    • 6. 会話の進行のコツ

    • 7. 議事録について

    • 8. 創造的に議事録を取る

    • 9. 新しい会議手法を学ぶ

    • 10. まとめ

    • 資料ダウンロード

  8. 8
    • 1. はじめに

    • 2. 自習勉強会とは?

    • 3. 自習勉強会が解決するもの

    • 4. 実行方法

    • 5. 行動しよう

  9. 9
    • 1. お茶会とは

    • 2. お茶会の基本フォーマット

    • 3. テーマの決め方

    • 4. チェックイン

    • 5. 対話の方法

    • 6. チェックアウト

    • 7. まとめ

  10. 10
    • 1. これから起こること

    • 2. 音楽レッスンの場合

    • 3. 料理教室

    • 4. トレーニング系

    • 5. コーチング

    • 6. パソコン教室

    • 7. その他の教育

    • 8. まとめ

  11. 11
    • 1. はじめに

    • 2. 会議の定義

    • 3. 6つの具体事例をアップグレード

    • 4. 現代の資料、議事録

    • 5. デジタル・トランスフォーメーション

  12. 12
    • 1. ここで学ぶもの

    • 2. 時代背景

    • 3. 授業の2つの方式

    • 4. 定期ミーティング機能

    • 5. 登録機能の使い方

    • 6. バナーの作り方(Canva)

    • 7. 投票機能について

    • 8. テンプレート機能について

    • 9. zoomのウェビナー機能について

    • 10. ミーティングでWebinarっぽく使う方法

    • 11. 授業のワークフロー

  13. 13
    • 1. ここで学ぶもの

    • 2. リモート反転学習の全体像

    • 3. リモート反転学習のポイントを整理

    • 4. メリットとデメリット、解決方法

    • 5. カリキュラム設計

    • 6. オンラインコース収録のヒント

    • 7. レッスンの撮影ツールの紹介

    • 8. オンラインコース(Thinkific、Vimeo、Loom)

    • 9. Google Classroom

    • 10. Dropbox Paper、Notionでオンラインコース

    • 11. iTunes UとPodcast

    • 12. 話すためのコツ

    • 13. 学びを促進するコースづくり

    • 14. 授業進行のコツ

    • 15. コミュニティづくりのヒント

    • 16. まとめ

  14. 14
    • 1. 公式ドキュメントを読もう

    • 2. 設定を総チェックする

    • 3. チームで学ぼう

受講者の声

Zoomマスターコース、ここまでやるのかと、びっくり

私は、オンラインで授業を開催するのに、Zoomを活用しています。以前から活用しているZoomですが、Zoomマスターコースを見て、初めて知る機能やツールがたくさんありました。

例えば、基礎編の「ミーティングの準備と開始」では、「ミーティングの種類」、種類によって変わる「参加者側の体験」について、丁寧に説明されています。解説を見ながら、そんな機能があったのかと驚きました。1人では、絶対に見つけられなかったと思います。

他にも、コース内では、Zoomの使い方だけでなく、顧客へZoomリンクを送るためのメールのテンプレートまで用意されています。開催側の負担が減るように配慮されていて、感激しました。

「開催のコツ」「ファシリテーションのコツ」は、オンラインでワークショップを開催するときの参考になりました。

よくある質問

  • Q. コースを受講するのに必要なものは何ですか?

    A. パソコン、ネット環境があれば、受講することができます。

  • Q. 教材の視聴方法を教えてください。

    A. こちらのページ(https://online.toiee.jp/pages/c2ffc5)で詳しく説明しているので、ご覧ください。

講師紹介

toiee Lab CEO

Takahiro KAMEDA

情報学の博士号を持つ。関西大学非常勤講師。大学では人工知能(進化的計算の工学的応用)を研究。 研究員を経て、ソフトウェア会社を起業し、実践を通じてビジネス、マーケティング、マネジメント、イノベーションを学ぶ。 その後、ソフトウェア事業を譲渡し、システムダイナミクス、複雑系の科学分野の知識から、人の学習をモデル化し、ラーニング・ファシリテーション、ラーニングデザインを体系化し、応用するtoiee Labを設立。現在は母校で教鞭を取りつつ、共同研究も行う。 WordPressでは、約1ヶ月程度で、ソースコードを読んで、プラグイン開発、テーマ開発までを行った経験を持つ。

ABOUT US

toiee Lab について

私たちは、ラーニングには、大いなる可能性があると信じています。よく学ぶには、お互いの違いを理解し合い、楽しみ、活用することが欠かせません。良い学びの場は、違いを共感するだけにとどまらず、違いを創造に役立てる、つまり貢献し合う場所になります。

 そのような学びの場を作るために、私たちは、人本来の学び方を研究し、その結果をオンラインコース、オンラインワークショップ、教室事業の支援などに応用しています。

詳しくはこちら