今こそ、本を書き始めるべきです

あなたのアイデアを共有しませんか?

電子書籍の普及が加速し、本を買う際に「電子版がなければ不便」と感じる時代に突入しました。かつては自費出版で本を出すことは、出版側にとって負担が大きく、高いリスクを伴うものでした。しかし、電子書籍の普及により、出版にかかる費用は大幅に削減され、ほぼ無費用で出版する道が開かれました。

電子書籍の出版は、読者にも大きな影響を与えています。特に、読み放題サービスの普及はこの傾向を強化しました。以前は、自費出版した本を手に取ってもらうためのマーケットが限られていましたが、読み放題サービスに本を登録することで、より手軽に読者に届けることが可能になりました。読者も、読み放題サービスを通じてであれば、気軽に書籍を試し読みできるようになりました。

自分の作品を世界に発信するハードルは、「電子書籍」と「読み放題サービス」の普及によって、以前に比べて大きく低下しました。

Generative AIという革命

出版を支援するツールの充実と、電子書籍を活用したオンラインビジネスのための環境が整う中で、Generative AIの出現は出版界に新たな革命をもたらしました。この技術を利用することで、高品質な内容や文章を作り出すことが、編集者や出版社の協力なしでも可能になりました。

Generative AIの力を借りることにより、より多くの人が質の高い構成や文章を書けるようになったのです。

この進展は、編集者や出版社を介さずに直接読者と繋がる道を開き、全ての人に自分の言葉を世界に届けるチャンスを提供しました。

本プログラムでは、Kindle Direct Publishing(KDP)を活用して、あなたがそのチャンスを最大限に生かすための支援を提供します。あなたのアイデア、あなたの言葉を、今こそ世界に共有しましょう。

無料説明会で、詳しく知る

Kindle Direct Publishing(KDP)とは?

電子書籍を出版するなら、KDPです

Kindle Direct Publishing(KDP)は、編集者や出版社を介さずに自分自身でAmazon Kindleに直接出版することを可能にするサービスです。

Amazon Kindleの市場は十分に成長し、成熟しており、出版をサポートする便利なツールが揃っています。

さらに、ChatGPT(AI)の活用により、出版のハードルは以前に比べて大きく下がりました。

無料説明会で、詳しく知る

書籍は、理想的な集客方法です

理想的な接触ポイント(認知)

書籍を、Amazonが運営する電子書籍の読み放題サービスで提供することで、気軽にあなたの考え、想い、知識に触れる機会を提供できます。「学びたい」というモチベーションを持った読者は、お金を支払ってでも価値ある情報を求めています。

そんな読者は、あなたの理想的な顧客となるはずです。書籍は、あなたについてもっと知りたいと思わせる強力なきっかけになり得ます。

KDPで出版する7つのメリット

あなたの声を、世界に届けるチャンス

01 自分でコントロールできる

作品の内容、長さ、価格、表紙、書籍の位置付けを自由に設定できます。短い内容や特定のポイントに絞ることも可能です。集客目的やフィードバックを基に品質を向上させることができます。出版社を通すと、一定の販売数や利益を求められますが、KDPではそういった制約から自由です。

02 素早い出版

数日で出版が可能です。これにより、ビジネスの進展が速くなります。出版社を通す場合には、様々なプロセスを経る必要がありますが、KDPではそのような手間が省けます。

03 集客に使える

書籍をオンラインコースやセミナーなどの入口として活用できます。また、本があなたを紹介するツールとしても機能し、名刺代わりになります。それだけでなく、ブログ、SNSで「証明」としても使用できます。

04 ビジネスチャンスの拡大

書籍の評価が高まると、新たなビジネスのチャンスが生まれます。業界内でのリーダーとしての認識やパーソナルブランディングにもつながります。

05 直接の収益

ニッチなテーマでも多く読まれれば報酬が発生し、複数冊の出版により収益を増やすことが可能です。これは長期的な収益源にもなり得ます。

06 本を書くという自己実現

読まれることによる励みや、小さな成功であっても達成感を感じることができます。また、未知の読者に役立つ喜びや、自分の考えや経験を整理することでの成長もあります。

07 ずっと使えるスキルが身につく

本を出版する過程で学んだスキルは、他の多くの分野にも応用可能です。自分の立ち位置やミッションが明確になるなど、個人の成長にも大きく貢献します。

無料説明会で、詳しく知る

プログラムの目標と期間

3ヶ月で本を出版を目指そう

このプログラムは、参加者が3ヶ月の期間内に電子書籍を出版することを目指します。2024年4月の開始を予定しており、この集中的な期間を通じて、あなたの出版に関する夢を現実のものに変えるための支援を行います。

プログラムでは、オンラインコースを通じて必要な知識を提供するとともに、自習室やグループコンサルなど、具体的な執筆活動をサポートする様々なサービスを提供します。これらのサービスにより、知識の習得だけでなく、実際に作品を書き上げる過程で必要となる実践的なスキルも身につけることができます。

具体的に提供するサービスは、以下で詳しくご説明します。

サービス

出版のために、以下のサービスを提供します


(1) オンラインコース:ビジネス編

オンラインコースで「出版を通じたビジネス構築」についてお伝えします。どのように書籍をビジネスツールとして活用し、様々な場で役立てるかを解説します。

具体的には、出版することによって構築可能な「ハウスリスト」(直接顧客と連絡を取るためのリスト)の作り方や、ハウスリストを構築してコミュニケーションチャネルを構築するためのシステムやツールについて詳しく解説します。




(2) オンラインコース:知識編

オンラインコースで、ChatGPTを活用して、「書籍の立ち位置決め」「コンセプト作成」「構成決め」「下書き作成」「オリジナルな文章へリライトする方法」を動画でお伝えします。




(3) オンラインコース:デジタルツール編オンラインコースで、「ChatGPTの使い方」「Markdownエディタの活用」「電子書籍ツールの操作方法」を動画でわかりやすく解説します。




(4) 具体例をシェア

抽象的な説明だけではなく、亀田やtoiee Labメンバーが実際に出版するプロセスを収録します。実例としてお見せするので、その様子もご覧いただけます。




(5) サポート

デジタルツールの使い方や執筆に関する疑問などがありましたら、サポートいたします。お気軽にメールでご連絡ください。

サポートは個別にお返信するだけでなく、このプログラムに参加いただいている方にも閲覧できる状態で回答します。もちろん、お問い合わせいただいた方のお名前などの個人情報がわからない状態にして、回答します。

なお、文章で質問することが難しい場合があります。(ITツールの使い方など)その場合は、自習室でご質問ください。スタッフとZoom(テレビ電話)を繋いで、問題を解決しましょう。




(6) グループコンサル、録画

グループコンサルでは、参加者から寄せられた相談や疑問、悩みなどに対して、亀田が回答していきます。

Zoomを使って、月1回のペースで実施します。期間中に、合計4回開催します。

詳細な日程は、以下です。

  1. 04/26(金)20:30 ~ 21:30
  2. 05/31(金)20:30 ~ 21:30
  3. 06/13(木)20:30 ~ 21:30
  4. 06/28(金)20:30 ~ 21:30

グループコンサルの様子は録画を行うので、後から見返すことが可能です。




(7) 自習室

自習室はZoomを通じて定期的に開催されるオンラインイベントです。最初に今日やることを宣言した後は、「画面オフ」「音声オフ」にして、黙々と作業を進めます。最後の5分で、今日の進捗シェアをして、解散します。1人では、なかなか手を動かせないという方にオススメです。

なお、自習室の開催日時は、基本的に「隔週火曜日 13:00 ~ 14:00」を予定しています。

もし、参加者の方から、夜の部の開催要望があれば、「隔週火曜日 20:30 ~ 21:30」にも開催します。詳細な日時は、以下です。

  1. 04/09(火)13:00 ~ 14:00
  2. 04/23(火)13:00 ~ 14:00
  3. 05/07(火)13:00 ~ 14:00
  4. 05/21(火)13:00 ~ 14:00
  5. 06/04(火)13:00 ~ 14:00
  6. 06/18(火)13:00 ~ 14:00

亀田も自習室に参加し、参加者と一緒に作業を進めます。集中して作業が進めると好評なので、ぜひご参加ください。




(8) オンラインコミュニティー

このプロジェクト専用のオンラインコミュニティーを用意します。コミュニティーでは、情報の共有や参加者同士の進捗の報告などを行います。

無料説明会で、詳しく知る

1on1 サービスも追加できます!

亀田のマンツーマンレッスンも受けませんか?

上記の基本サービスに加えて、亀田から直接、マンツーマンのレッスンを受けることができる1on1サービスを追加できます。このサービスはZoom(オンライン)を通じて提供するので、どこからでも受講することができます。各セッションは90分で、3ヶ月の間に合計4回(360分/6時間)のセッションが行われます。

セッションはすべて録画されるため、後で何度でも見返すことができます。これにより、セッション中に全てを記憶したりメモを取ったりする必要がなく、完全に学習に集中できます。録画はあなただけがアクセスできるプライベートな状態で共有するので、他の誰にも見られることはありません。

1on1セッションでは、あなたの具体的なニーズに合わせてサポートを提供します。本の「ポジショニングの決定」「コンセプトの策定」「構成の計画」または「実際に書いた文章の添削」など、出版に関するあらゆる相談に応じます。この個別セッションを通じて、あなたの出版活動をより一層充実させることができます。

オンラインコース

    1. イベントの参加は、専用コースから

    1. イントロダクション

      無料プレビュー
    2. 本をリリースするためのロードマップ

    1. 1. 全体像

      無料プレビュー
    2. 2 (1)ブレインダンプ

    3. 3. (2) アイデア・ブレインダンプ

    4. 4. (3) ランダムマインドマップ

    5. 5. (4) フリーフローライティング

    6. 6. (5) モーニングページ

    7. 7. (6) 構造化箇条書き

    8. 8. (7) 構造化マインドマップ

    9. 9. (8) ゼロ秒思考

    10. 10 まとめ

    1. はじめに

    2. まだ始めていない人のための「ChatGPT入門(前編)」

    3. まだ始めていない人のための「ChatGPT入門(後編)」

    4. ハウツーに頼らないChatGPTの使い方(前編)

    5. ハウツーに頼らないChatGPTの使い方(後編)

    6. 技術者ではない人のための「大規模言語モデル」イメージ(前編)

    7. 技術者ではない人のための「大規模言語モデル」イメージ(後編)

    8. 大規模言語モデルのイメージを持って、ChatGPTを使おう(前編)

    9. 大規模言語モデルのイメージを持って、ChatGPTを使おう(後編)

    1. 1. はじめに

    2. 2. マーケティングとKindle出版の位置

    3. 3. 海外事例

    4. 4. ChatGPTで戦略相談

コース情報

  • 65回のレッスン
  • 14.5時間の動画コンテンツ

追加募集!

今なら、お得に参加できます

このプログラムのリリースを記念して、リリースキャンペーンを開催中です。

4/15(月)までにお申し込みいただいた方は、お得にご参加いただけます

スタンダードプラン(募集人数:5人)

一括支払い:80,000円 → 50,000円

亀田1on1付きプラン(募集人数:1人)

一括支払い:200,000円 → 150,000円

分割支払い:70,000円 x 3回 → 50,000円 x 3回

※ 募集人数に達し次第、募集を締め切らせていただきます

申し込む

今日から、あなたも出版者に。

以下の2つのプランから、ご希望のプランを選択し、お申し込みください。


スタンダードプラン(募集人数:5人)

一括支払い:¥80,000 → ¥50,000

¥50,000 で申し込む


亀田1on1付きプラン(募集人数:1人)

一括支払い:¥200,000 → ¥150,000

¥150,000 で申し込む

分割支払い:¥70,000 x 3回 → ¥50,000 x 3回

¥50,000 x 3回 で申し込む


※ 銀行振り込みを希望の方は、こちらからお問い合わせください