私たちに今できることは何か?

コロナウイルスで、世の中が混乱している中で、「何かtoiee Labが、世の中に貢献できることはないか?」とチーム内で話し合ったところ、このZoomコースを作成するアイデアが生まれました。

Zoomを使えば、コロナで閉鎖された「人、コミュニティ、チーム」が、安全にネット上で繋がることができます。

ネット上で、繋がることができれば、

  • コロナで在宅勤務が求められる中でも、問題なくチームメンバーと働くことができる
  • 遠方の方へも、あなたのサービスを提供できる
  • 今まで通勤に使っていた時間やコストを削減できる(その時間を、他のことへあてられる)
  • これまで働けなかった人とも、働くことができる


とメリットがたくさんあります。


無料登録の前に、教材の中身を覗き見


実際に教材では、以下の動画のように「Zoomを使うことで広がる可能性」「Zoomのビジネス活用例」についてお伝えしています。ご覧ください。




動画を見て、「続きも見たい」と思った方は、以下のボタンから無料登録してご覧ください。

無料受講する

顧客満足度アップだけでなく、新規客獲得も◎

知り合いのインストラクターAさんは、コロナの影響で、生徒さんへ対面レッスンができなくなりました。

長期間授業を提供できないことで、生徒さんが離れるのではないかと不安を感じたAさんは、急遽、Zoomを使ってオンライン授業を開始しました。

その結果、懸念していた生徒の離れは起こらなかったそうです。

それどころか、「良い気分転換になった」「オンラインレッスンは、家で受講できるので、移動時間が掛からず嬉しい」と、既存の生徒さんのに喜んでもらえたそうです。

セキュリティ対策についても、しっかりとお伝えします

巷では、「Zoomはセキュリティーに問題がある」と騒がれています。

ですが、正しい知識、仕組み、対策が分かれば、安全に使っていただけます。(難しいものではありません)

オンラインコースでは、Zoomのセキュリティ対策についても、しっかりとお伝えします。


無料登録の前に、教材の中身を覗き見


実際に教材では、以下の動画のようにセキュリティー対策についてお伝えしています。ご覧ください。




動画を見て、「続きも見たい」と思った方は、以下のボタンから無料登録してご覧ください。

なお、「具体的なZoomのセキュリティー設定」については、無料公開分の「Chapter5 インストールと設定」で解説しています。

無料受講する

講師紹介

toiee Lab CEO

Takahiro KAMEDA

情報学の博士号を持つ。関西大学非常勤講師。大学では人工知能(進化的計算の工学的応用)を研究。 研究員を経て、ソフトウェア会社を起業し、実践を通じてビジネス、マーケティング、マネジメント、イノベーションを学ぶ。 その後、ソフトウェア事業を譲渡し、システムダイナミクス、複雑系の科学分野の知識から、人の学習をモデル化し、ラーニング・ファシリテーション、ラーニングデザインを体系化し、応用するtoiee Labを設立。現在は母校で教鞭を取りつつ、共同研究も行う。 WordPressでは、約1ヶ月程度で、ソースコードを読んで、プラグイン開発、テーマ開発までを行った経験を持つ。

開催に必要な知識は、すべて無料公開

オンラインコースは、「Chapter1 はじめに」から「Chapter6 ミーティングの準備と開始」までを無料公開しています。

無料公開分をご覧いただけば、Zoomで会議や、オンライン講座を開催するために必要な知識は、しっかりと学んでいただけます。

なお、《IT機器や、Webサービスを触ったことがない》《使いこなせるのか、不安》という方も、大丈夫です。

私たちが、オンラインデビューできるように、しっかりとサポートするので、安心してください。

無料受講する

このコースで学べるもの

  • Zoomの初期設定

  • セキュリティ設定

  • Zoom利用に必要な機器の紹介

  • ホスト(主催者側)画面の機能と使い方

  • 受講者画面の機能と使い方

  • オンライン授業の開催方法

  • オンライン授業に便利な機能と使い方

  • オンライン会議の進行方法

  • 合わせて使うと便利な外部サービス

  • Zoomの活用事例

こんな人にオススメ

  • Zoomの導入を検討中の企業さま

  • オンライン授業の開催を検討中の講師の方

  • オンライン会議のホストを務める方

  • Zoomのセキュリティーが心配な方

コース内容

受講者の声

しっかりと設定していれば、Zoomは安全。便利!

Zoomのセキュリティに問題があるという風評が何も知らない自分の耳にも届くほどで気がかりでしたが、コース内の「1 - 3. zoom を安全に使うために」の教材を見て、他のビデオ会議ツールと比較しても安全性に遜色なく、注意すべきことに気を付ければ心配なく利用できるということがわかり役立ちました。

コースの「2. Zoomの仕組み」を見て、Zoomは、簡潔なユーザーインターフェースでも、多彩な機能が直感的にわかりやすく盛り込まれているということが分かりました。期待できそうです。

職業的な活動はほとんどしていない状況なので、コミュニティの中で利用できればと思っています。




Zoomマスターコース、ここまでやるのかと、びっくり

私は、オンラインで授業を開催するのに、Zoomを活用しています。以前から活用しているZoomですが、Zoomマスターコースを見て、初めて知る機能やツールがたくさんありました。

例えば、コースの「6. ミーティングの準備と開始」では、「ミーティングの種類」、種類によって変わる「参加者側の体験」について、丁寧に説明されています。解説を見ながら、そんな機能があったのかと驚きました。1人では、絶対に見つけられなかったと思います。

他にも、コース内では、Zoomの使い方だけでなく、顧客へZoomリンクを送るためのメールのテンプレートまで用意されています。開催側の負担が減るように配慮されていて、感激しました。

「12. 開催のコツ」「13. ファシリテーションのコツ」は、オンラインでワークショップを開催するときの参考になりました。

受講期間

  • 教材は、1日40 〜 50分閲覧していただくと、1週間ほどで見終わる量です

  • お申し込み後、ずっと教材へアクセスしていただけます

Zoom体験会も開催します

Zoomマスターコースで学んでも、実際に触ってみないと、分からないことはたくさんあります。そこで、コース参加者向けに、「Zoom体験会」を開催します。

《参加者側》《開催者側》の両方を体験しておくことで、あなたが主催者となり、オンライン会議、オンラインワークショップを開催するときに、自信を持って開催できます。

体験会も、お楽しみに。

良くある質問

  • Q. コースを受講するのに必要なものは何ですか?

    A. パソコン、ネット環境があれば、受講することができます。

  • Q. 半額キャンペーンは、いつまでですか?

    A. 収録が終わり、コースが完成し次第、半額キャンペーンは終了いたします。2020年4月末までは、キャンペーンを行う見込みです。

  • Q. このコースに申し込む(有料版)と、ずっと教材へはアクセスすることができますか?

    A. はい、お申し込み後、ずっとアクセスしていただけます。お好きなタイミングで学んでいってください。

  • Q. 教材の視聴方法を教えてください。

    A. こちらのページ(https://online.toiee.jp/pages/c2ffc5)で詳しく説明しているので、ご覧ください。