コース概要

以下の内容をコースでお伝えしています

  • ラーニング分析(知識、スキルの階層性、関連、パラダイムなど)

  • 核となる知識、スキル、姿勢の発見方法

  • ワークショップ設計の要素(ワークセット)の作成、コレクション

  • ワークショップの順番、構造の決定

  • オンラインコースへの変換方法

ラーニング・デザインコースで学べること

toiee Labは人本来の学習の仕方を科学的に定義しました。その定義から導き出した「良いラーニングを引き起こすためのワークショップ・学びの場」をデザインする方法を紹介します。

ラーニング・デザインとは、メタ探求型学習を引き起こすプロセスを設計することです。

メタ探求型学習が実現できると、具体的なスキルや知識を学びながら「自分らしい学び方」を発見し、改善していくことができます。

その際、

  • 他者との違い(考え方・物の見方・学び方など)
  • 行動した結果(実際の結果・現実)

をもとに、フィードバック制御を通じた学ぶことが欠かせません。そのサイクルが自然と引き起こる、楽しい学びの場をデザインすることが大切です。

本コースでは、良いラーニングを引き起こすためには「どう作れば良いか?」にフォーカスして解説していきます。デザインのためのツールを紹介しますので、このコースを参考に実際にご自身でラーニング設計をしてみましょう。

コース一覧

  1. 3
  2. 4
  3. 5
    • テストと学習を同時に行う

  4. 6
    • コース設計、様々な体験の設計への応用

  5. 7
    • 1 具体例から学ぶ

    • 2 趣味を使って学習する

    • 3 書籍を使って学習する

    • 4 安藤忠雄のように学ぶ

  6. 8
  7. 9
    • 1. Good & New & 実は・・・ワークショップ

    • 2. 深掘りThink & Listen

    • 3. Yes, Because, And でアウトプット

  8. 10
    • この特典について

    • 1. ALTとは?

    • 2. なぜ、学習を変えたいか?

    • 3. 学習のメカニズム

    • 4. パワーワークのポイント

    • 5. good & new+

    • 6. think & listen+

    • 7. speed output+

    • 8. 全力ディスカション

    • 9. 問いブレスト

    • 10. 継続型filmシート

    • 11. lf 4ステップ

    • 12. to法

    • 13. テンプレート

    • 14. toiee lab 教育学

    • 15. パラダイムについて

    • 16. まとめ

コース作成者

toiee Lab CEO

Takahiro Kameda

情報学の博士号を持つ。関西大学非常勤講師。大学では人工知能(進化的計算の工学的応用)を研究。 研究員を経て、ソフトウェア会社を起業し、実践を通じてビジネス、マーケティング、マネジメント、イノベーションを学ぶ。 その後、ソフトウェア事業を譲渡し、システムダイナミクス、複雑系の科学分野の知識から、人の学習をモデル化し、ラーニング・ファシリテーション、ラーニングデザインを体系化し、応用するtoiee Labを設立。現在は母校で教鞭を取りつつ、共同研究も行う。 WordPressでは、約1ヶ月程度で、ソースコードを読んで、プラグイン開発、テーマ開発までを行った経験を持つ。

お申し込みはこちら

クレジット支払い

  • 200,000円

    一括支払い(お申し込みボタンをクリック後、割引価格が表示されます)

    お申し込み
  • 7回分割で購入

    分割支払い

    お申し込み

銀行振り込み

銀行振込の方は、こちら

※銀行振り込みは、一括のみです